聖 書:ピリピ人への手紙 第3章1~16節
3:1 最後に、わたしの兄弟たちよ。主にあって喜びなさい。さきに書いたのと同じことをここで繰り返すが、それは、わたしには煩らわしいことではなく、あなたがたには安全なことになる。
3:2 あの犬どもを警戒しなさい。悪い働き人たちを警戒しなさい。肉に割礼の傷をつけている人たちを警戒しなさい。
3:3 神の霊によって礼拝をし、キリスト・イエスを誇とし、肉を頼みとしないわたしたちこそ、割礼の者である。
3:4 もとより、肉の頼みなら、わたしにも無くはない。もし、だれかほかの人が肉を頼みとしていると言うなら、わたしはそれをもっと頼みとしている。
3:5 わたしは八日目に割礼を受けた者、イスラエルの民族に属する者、ベニヤミン族の出身、ヘブル人の中のヘブル人、律法の上ではパリサイ人、
3:6 熱心の点では教会の迫害者、律法の義については落ち度のない者である。
3:7 しかし、わたしにとって益であったこれらのものを、キリストのゆえに損と思うようになった。
3:8 わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている。それは、わたしがキリストを得るためであり、
3:9 律法による自分の義ではなく、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基く神からの義を受けて、キリストのうちに自分を見いだすようになるためである。
3:10 すなわち、キリストとその復活の力とを知り、その苦難にあずかって、その死のさまとひとしくなり、
3:11 なんとかして死人のうちからの復活に達したいのである。
3:12 わたしがすでにそれを得たとか、すでに完全な者になっているとか言うのではなく、ただ捕えようとして追い求めているのである。そうするのは、キリスト・イエスによって捕えられているからである。
3:13 兄弟たちよ。わたしはすでに捕えたとは思っていない。ただこの一事を努めている。すなわち、後のものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、
3:14 目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。
3:15 だから、わたしたちの中で全き人たちは、そのように考えるべきである。しかし、あなたがたが違った考えを持っているなら、神はそのことも示して下さるであろう。
3:16 ただ、わたしたちは、達し得たところに従って進むべきである。

 ピリピ人への手紙の2章の終わりは、エパフロデトの働きについて触れられている。彼はパウロを助けるためにピリピ教会から派遣されたが、ひん死の病気になり使命を果たし切れずに心苦しく思っていた。しかしパウロは「彼は、わたしに対してあなたがたが奉仕のできなかった分を補おうとして、キリストのわざのために命をかけ、死ぬばかりになったのである。(2:30)と語り、エパフロデトの存在と働きに感謝をした。このようなねぎらいの後に、続けてキリスト者の生き方についての勧めがなされていく。

1.気をつけること(1-11
 1節で主にあって喜びなさい」「さきに書いたのと同じことを繰り返す」あなたがたには安全なことになるとある。そして語れられたのは「あの犬どもを警戒しなさい」。これは最高に侮辱する言葉使いあり、ユダヤ人たちが異邦人を侮辱する時に使っていた言葉を、パウロが逆にユダヤ主義者たちに対して使ったものである。
 「肉に割礼の傷をつけている人たち」(2「ただ体を切り刻んだだけの者」であって、肉体に割礼さえあれば神様に受け入れられるという立場の人たちであるにおいて、外から見てようなものであるか神に受けいれられているか否か判断基準となるパウはこの考えを「あの犬ども」というほど嫌い、拒否する。神の霊によって礼拝し、肉を頼みとはしない者こそ割礼の者、すなわち神に受け入れられる者なのだと語る

 この世では多くの場合、能力や外見などの要素が人の評価基準になその現実の中で私たちは生きている。4節でパウロは「もとより」と言って、自分自身「肉の頼み」において、すなわち血統、経歴、知識、熱心さにおいて誇るべき点が多々あると言。そしてこれの点が確かに自分にとって「益」であったとも述べる。ところが78節にあるように、これらはもはやパウロにとっては「損」としか思えないものとなったパウロが素晴らしいと言っているのは、「わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値」であり、かつて誇っていたものはすべて「ふん土」のようなものでしかななった。「ふん土」は「ちりあくた」とも訳される。
 パウロはさらに具体的に、神からの義を受け(9、キリストとその復活の力を知り(10)、死人のうちからの復活に達すること(11)を願っている語る。こ願いの中に義認、聖化、栄化という救いのステップをることができるパウロの告白と勧めから、私たちが何に本当に価値を置くべきかについて、教えられたい。

2.キリストに捕えられて(12-16)
 パウロはこの復活を目指す中ただ捕えようとして追い求めている」(12)語り、そうするのは「キリスト・イエスによって捕らえられているからである」と語るすでに到達し得たのではなく、完全に向かって、キリストに捕えられ導かれている。後ろのものを忘れ、つまり過去のものに縛られないで、目標をめざして神に与えられる賞与を得ようという一事に努めている。そのように考えることこそが「全き人」(15)であると語る。「全き人」「大人」「成熟した人」を意味する。
 完全ものを目指していても、私たち自身の力ではとうていそこにはたどり着ない。そのことにもどかしさを感じることがある。良い歩みをしたくても、時には「自分は本当に何もできないものだ」と思う程落ち込むこともあるしかし、実はそのよういを持つこと自体が、キリストに捕えられている証拠なのではないだろうか。もがきながら、達し得たところに従って進む中で私たちはキリストとその復活の力を知っていくのである。
 神さまは私たちの歩みの中で絶妙欠乏感、弱さ、あいまいさ、不確かさ、葛藤、やりきれなさをあえて与えてくださっているのではないだろうかいまだ不完全ながら完全に向かっていく歩みは、葛藤もある、キリストに認められていて、捕えられている恵みの歩みなのだそう考えることこそ成熟した姿なのである。私たちは神様の深い愛によって選ばれて救われ、今の場所に招かれ、生かされている。その恵みを味あわせていただきながら、共に歩んでいきたい。